ホワイトニングの安全

ホワイトニングの薬液に使われるのは、主成分を過酸化水素としたものですが、本来過酸化水素はそのまま口にするものではなく、その安全性に疑問が生じます。しかし現在のところ、1989年にアメリカで実用化されて以来30年近くが経ちましたが、これといった大きな事故も報告されておらず、世界中でこの技術が使われていますが、そうした世界の研究機関でも、ホワイトニングに関する安全性が確認されています。

病院また、カズノコを始めとする漂白にも、この過酸化水素が長年使用されており、短時間で無害な水と酸素に分解することから、その安全性に疑問を持つ必要はないと思われます。日本でも、東京医科歯科大学を始めとする多くの大学や研究機関が研究を行っていますが、実際に認可され使用されているところから、その安全性は確認されています。これらのことを踏まえ、ホワイトニングに関して安全性は問題ないとされますが、薬剤を使用し医療器具を使用した施術の一つであることは間違いありませんので、歯科医院の選択にはより信頼度の高い病院を選ぶ必要があります。また、ホワイトニングコーディネーターという資格があります。この資格を保有している歯科衛生士が在籍するクリニックを探すといいでしょう。ちなみに、大阪でホワイトニングを行っている湘南美容歯科では、ホワイトニングコーディネーターの資格を所有する歯科衛生士が在籍しています。

当院は、ホワイトニングコーディネーターの資格を所有する歯科衛生士が在籍しています。ホワイトニングコーディネーターはホワイトニングに対する十分な知識・技術を所有していることを証明する、「日本歯科審美学会(Japan Academy of Esthetic Dentistry)」が行う認定制度です。

日本の歯科医院の場合、安全性や衛生面で問題の起きることはほとんどありませんが、アフターケアなどしっかりした病院を選ぶことです。


ホワイトニングの効力

審美歯科によるホワイトニングの効果は、すべてが万能ということではありません。この技術は、人間の歯の主成分である象牙質に有効であって、入れ歯や差し歯のような人工歯に関しては、白くすることはできません。また、一部の薬品を使用して歯の変色が起こった場合、ホワイトニングが有効に作用しない場合があるとされます。

生活習慣そのため、自分の本来の歯と、こうした義歯が混ざり合っている場合、そうした歯が浮き出て見え目立ってしまうという難点もあります。したがって、ホワイトニングを施そうと考えた際には、みずからの歯の色の状態を事前にチェックすることは勿論のこと、かかりつけの歯科医の先生に相談しておくことをお勧めしておきます。さらなる対応策としては、最新のホワイトニング技術では、歯の色合いや明るさも比較的自由に調整できる手法が確立されるようになってきましたので、こうした色調整ができるのかを確認し、随時対応していきましょう。

一般的に、ホワイトニングが効果的とされているのは、加齢による歯の黄ばみや変色、生活習慣で使用するコーヒーや赤ワイン、カレーなどによる色素沈着、あるいは喫煙による長年のニコチンやタールなどによる着色などが一般的に有効とされています。


ホワイトニングの技術

ホワイトニングは、専用のホワイトニング剤を使用しますが、この液体の成分は過酸化水素を主成分としたものです。過酸化水素は、H2O2で表記される化合物の一つで、殺菌剤や漂白剤として利用されてきました。この過酸化水素は、最終的に無害な水と酸素に分解しますので、環境に非常にやさしいとされ、工業的にもよく利用されているものです。

過程ホワイトニングの過程で、この過酸化水素は歯に塗られるのと同時に、全くの無害な酸素と水に分解されますが、この過程で酸素が歯の色素と結びつきを強めることにより、色素そのものが分解されて、着色汚れなどがきれいに除去されるという化学反応が起こります。さらに、このホワイトニングの優れた技術として、この工程で発生した活性酸素が、歯のエナメル質に光を乱反射させることにより、黄色みの強い象牙質の色をよりカバーするという効果が生まれるのです。

ここで重要なのは、歯の表面の色素だけを取り除いてくれますので、歯のエナメル質を傷めずに白く輝きのある歯に仕立ててくれるところにあります。人の歯は、生活習慣や年齢を経ることにより、徐々に黄色や黒っぽく色素が沈着していきますが、ホワイトニングはストレスなく歯を白くしてくれるのです。


ホワイトニングの効果

人類による現代医学が進んだ今、これまで様々な難病と呼ばれる病気が完治されるようになり、あの不死の病と恐れられたがんでさえも、初期であれば完治しやすくなったのです。これは、医学が日進月歩に進んだおかげで歯科医術も同様、仮に歯が完全になくなったとしても、審美歯科医療技術の向上により、従来までの単なる入れ歯ではなく、インプラントという方法で歯を再現できるようになってきました。同時に、歯の黄ばみや歯の表面に沈着してしまった変色なども、取り去ることは不可能であり、これまで歯の変色により劣等感を抱いてきた方々も少なくなかったでしょう。

ホワイトニングしかし現代では、審美歯科治療による最新技術のおかげで、こうした変色や黄ばみを取り去ることができ、口元のコンプレックスを悔やむことなく、より快適な日常生活を送れるようになってきました。ホワイトニングの効果は、ただ単に歯を白くすることではありません。従来までの変色の除去には、歯を削ったりかぶせものをしたりし、歯を白くせていましたが、歯を削ることで痛みを伴ったり、かぶせものをすることで虫歯になったり外れやすいという欠点がありました。

しかし、ホワイトニングは歯にダメージを与えることなく、白く輝きのある美しい歯を装ってくれ、副作用などもほとんど見られません。さらに最近では、この技術がさらに進み、個体差のある歯の色も色合いや明るさとともに、自分好みの色に調整することもできるようになりました。