ホワイトニングの効力

審美歯科によるホワイトニングの効果は、すべてが万能ということではありません。この技術は、人間の歯の主成分である象牙質に有効であって、入れ歯や差し歯のような人工歯に関しては、白くすることはできません。また、一部の薬品を使用して歯の変色が起こった場合、ホワイトニングが有効に作用しない場合があるとされます。

生活習慣そのため、自分の本来の歯と、こうした義歯が混ざり合っている場合、そうした歯が浮き出て見え目立ってしまうという難点もあります。したがって、ホワイトニングを施そうと考えた際には、みずからの歯の色の状態を事前にチェックすることは勿論のこと、かかりつけの歯科医の先生に相談しておくことをお勧めしておきます。さらなる対応策としては、最新のホワイトニング技術では、歯の色合いや明るさも比較的自由に調整できる手法が確立されるようになってきましたので、こうした色調整ができるのかを確認し、随時対応していきましょう。

一般的に、ホワイトニングが効果的とされているのは、加齢による歯の黄ばみや変色、生活習慣で使用するコーヒーや赤ワイン、カレーなどによる色素沈着、あるいは喫煙による長年のニコチンやタールなどによる着色などが一般的に有効とされています。